インターカジノで稼いだお金の税金と確定申告の方法

もしオンラインカジノでお金を稼いだならば、税金が発生することがあります。その場合は一時所得として確定申告をしなければいけません。もしもインターカジノで儲けたときに税金について絶対にするべきことを解説しましょう。

オンラインカジノに関する税金について

オンラインカジノで遊ぶ際には税金に気をつけましょう。日本の法律ではどのような形であれ収入があるならば、それは税金の対象となります。お金を得ることを所得といいますが、それにはいろいろな種類があります。ギャンブルで得られる所得というのは一時所得という扱いとなります。これは競馬や競輪なども含んでいます。この一時所得に対して税金が発生するのです。

サラリーマンの方は毎年会社の方で代わりに申告をしているのですが、オンラインカジノで得た所得というのは自分で申告をしなければいけません。前年の所得を申告することを確定申告といいます。これによって自分がどのくらいの税金を支払わなければいけないのかがはっきりとします。前年の1月1日から12月31日までの所得について翌年に申告することになります。

一時所得の計算方法としては総収入から総支出を引いて、さらに特別控除額として50万円を引きます。したがって、総収入から総支出を引いて50万円に達しないのであれば、申告をする必要はありません。この場合は税金がそもそも発生しないからです。注意点として、ギャンブルでは損失額をすべて支出額として計算することはできません。この点は注意しましょう。所得税の対象となるのは上記のように計算した一時所得の半分となります。

確定申告の仕方について

それでは実際にオンラインカジノで得た利益について確定申告する際に必要となるものは一体何なのでしょうか。それは源泉徴収票や支払調書、経費のレシートや領収書といったものです。源泉徴収票は勤務先からもらうことができます。支払調書についてはオンラインカジノ側からもらうことができます。これらを準備したならば、最寄りの税務署へ足を運びましょう。そうすれば確定申告の仕方を教えてもらうことができます。

今ではインターネット上から手続きをして確定申告をすることも可能です。しかし、初めての場合はいろいろと不安な点もたくさんあるでしょう。疑問点や不安点を解決したいならば、やはり税務署の職員に相談をした方が良いでしょう。税務署に対して怖いイメージを抱いている方がいるかもしれませんが、とても親切に対応してくれるでしょう。税金を支払いたいという意思のある方に対して税務署はとても丁寧に対応してくれるのです。

インターカジノで遊ぶときの注意点

インターカジノのというのはギャンブルの中でもかなり儲けやすい部類に入るでしょう。還元率は高く設定されているため、普通に遊んでいたとしてもほとんど損をしないのです。いろいろな戦略を練り、工夫をしながら遊ぶことによって大きな収入を得るチャンスがあります。実際に一攫千金を得ている方もいるのです。このような話を聞くと夢が膨らむという方は多いでしょう。しかし、忘れてはいけないのが税金です。インターカジノでお金を50万円以上儲けたならば、税金や確定申告についてきちんと考えておきましょう。

オンラインカジノの場合はすべての取引がデータとして記録されています。そのため確定申告をしなかったらすぐにバレてしまうでしょう。誤魔化してしまうということはできないのです。競馬や競輪などでは現地でお金を支払って賭けることになるため、バレないというケースもあるのですが、ネット上の取引というのはすべて記録が残ってしまいます。

確定申告をきちんとしないとそれは大きな罪となります。日本人は納税の義務があるということは多くの方が知っているでしょう。学校でも教えてもらうことです。きちんと日本人としての義務を果たすためにも確定申告のことについては真剣に考えましょう。手続きはそれほど難しいものではありません。