インターカジノで稼いだお金は?オンラインカジノで稼いだ税金の解説

オンラインカジノでお金を稼いだならば、それに税金が発生することがあります。その場合はしっかりと確定申告をして、税金を支払うことが要求されるでしょう。インターカジノでお金を稼いだときにどうすれば良いのかを解説しましょう。

一時所得とは

オンラインカジノの税金について考えるならば、まずは一時所得について理解しましょう。一時所得というのは課税所得の一つであり、ギャンブルで得た所得というのは一時所得に該当します。他には生命保険の一時金や立ち退き料、報労金といったものも含まれます。毎年発生するわけではなくて、たまたま所得したようなものが含まれています。ちなみに宝くじの当選金については一時所得には含まれません。

この一時所得の計算方法というのは収入金額からその収入を得るために生じた支出を引いて、さらに特別控除として最高50万円を引きます。この残りが一時所得となるのです。これをさらに半分にしたものに対して税金が発生します。したがって、一時所得というのは50万円を超えない限りは特別控除によって相殺されるために税金が発生しないということになるのです。

競馬を例にすると一時所得というのは当たり馬券から当たり馬券の馬券代を引いて、さらに特別控除の分を引いたものとなります。馬券についてはハズレ馬券を支出に含めることはできないため注意しましょう。オンラインカジノの場合も同様であり、負けたときの支出については引くことはできないという決まりになっています。

一時所得にかかる税金について

上記のようにすればオンラインカジノによる一時所得を計算することができます。もちろん、一時所得というのはオンラインカジノ以外のものもすべて足し合わせることになるため注意しましょう。他のギャンブルをやっているならば、そちらで得た収入も加算されるのです。この一時所得の半分が実際に課税される所得となり、この所得とあなたの他の所得と合計することによって、全体の課税所得が決定します。これに所得税の税率をかけることによって、税金の額が計算されるのです。

一時所得はオンラインカジノで50万円以上稼げば発生すると考えて良いでしょう。そこからあなたの課税所得がいきなり増えることになるのです。一番低くても25万円となっており、もっと大儲けした場合にはそれだけ課税所得が増えてしまうことになるため注意しましょう。

確定申告をしなければいけない

一時所得についてはきちんと確定申告しなければいけません。こちらから手続きをしなければ、その一時所得については税務署は把握できないのです。それでは誤魔化すことができるのかというと、それは不可能でしょう。オンラインカジノの場合は特にネット上で取引をしているため、データが残ってしまいます。たとえばオンラインカジノを利用するために銀行を使っているならば、そこに取引データが残るでしょう。そのため競馬や競輪を現地で買うような場合と比較してもオンラインカジノによる一時所得というのはバレやすいのです。納税は日本人の義務となっているため、しっかりと支払いましょう。そのために確定申告をするのです。

確定申告というのは前年の所得を申告することです。翌年の3月15日までに申告をするのが一般的なパターンとなっています。サラリーマンの場合はほとんど意識をすることがないでしょう。自分から手続きをしなければいけないため注意しましょう。

インターカジノでお金を稼ぐ際の注意点

このようにインターカジノでお金を稼いだからといって、それがすべて自分のものになるとは限らないのです。最初のうちは50万円以上の利益に達するようなことはほとんどないでしょうが、運が良ければいきなり大金を稼げることもあるのです。そんなときには自分が税金を支払わなければいけないことを自覚しましょう。税金を払うことができないと罰則があります。国の財源となる重要な要素となっているため、しっかりと払いましょう。