オンラインカジノ初心者必見!オンラインカジノの大数の法則を知っておく

オンラインカジノで勝ちたいならば大数の法則というものを理解しておきましょう。こちらを理解することによってギャンブルの本質を理解できるようになります。インターカジノの初心者のかたのために分かりやすく大数の法則を教えましょう。

大数の法則とは

大数の法則というのはギャンブルをする人間にとってはとても重要な法則となっています。こちらの法則の意味を正しく理解していなければ、ギャンブルで負けてしまうでしょう。大数の法則というのは適当な仮定を立てたときに、サンプル数を増やしていくと最終的にサンプル平均は真の平均に確率収束していくというものです。ギャンブルにたとえれば、たとえば競馬にお金を賭けたときの期待値というのは賭けた額の75%程度の払い戻しになるように収束していくというものです。

コイン投げというものがあります。これは表が出る確率も裏が出る確率も1/2となっています。しかし、サンプル数が少ないと完全に1/2にはならないでしょう。それでも1万回や10万回といったようにサンプル数が増えていくと必ず理論的に予測された平均と一致するという意味です。サイコロに関していけば出た目の平均は3.5に限りになく近くなっていきます。

ギャンブルで儲けられないのか?

ギャンブルにおいて大数の法則はどのような意味を持つのでしょうか。ギャンブルでは必ず胴元という存在がいます。胴元がギャンブルを主催しており、そのため胴元が儲かるようにできているのです。プレイヤーの支払ったお金というのはそのうちの何割かは必ず胴元がもらうようになっています。そのためプレイヤーがギャンブルをするときのお金というのは最初に支払った額の100%を下回ってしまうでしょう。

もちろん、個々のゲームを見ると100%を上回るケースもあります。しかし、全体を見れば大数の法則によって必ず100%を下回る還元率に収束していくという結果となるのです。このような統計学的な事実があることを、これからオンラインカジノをやる方は理解しておきましょう。そのように設計されているのがギャンブルであり、これは胴元が利益を得なければそもそもサービスとして提供する意味がないことから仕方のないことです。

それでは絶対にギャンブルで儲けられないかというと、そういうわけではありません。たとえばインターカジノのようなオンラインカジノで儲けたというケースはあります。サンプル数が少ない間は平均からずれる結果が出る可能性も存在するのです。ギャンブルに参加する人全体の結果を見ると試行回数がかなりの数に達するため大数の法則を受けるのですが、個々人のゲームの結果については大数の法則に縛られない結果が出ることもあります。

勝つための方法

まず大数の法則の影響を受けないためには勝ち逃げはとても大切なことでしょう。もしその日にインターカジノをやっていて儲かった瞬間があったならば、そこでゲームを打ち切るという選択をしましょう。そうすればその日の勝ちは確定します。それ以上ゲームをやっていても、大数の法則によってどんどん負けてしまい、最終的には期待値通りの結果になってしまう可能性が高いのです。プラスのうちに勝ち逃げすることを徹底しましょう。

それでは負け続けているときにもゲームを続ければ大数の法則によって勝てるのかというと、そうとは限りません。サンプル数が少ない場合はどんどん負けることだってありえるからです。そのため、損切りをするということも大切でしょう。ある程度の損失にまで達したならば、勇気を持ってその日のゲームをやめるという選択をするのです。そうすれば損失を最小限に抑えることができます。

テクニックや知識が勝率に影響を与えるようなタイプのカジノゲームも存在しています。そのようなゲームをやる場合にはテクニックや知識によって勝率を上げることで勝てるようになるでしょう。