ウィリアムヒルの日本との比較

ウィリアムヒルの日本との比較

日本にもあるスポーツベッティング

日本では無縁のようなスポーツベッティングですが、実はこのようなサービスは日本でもすでに存在しています。

ただただお金を賭けてプレイできないというだけで、サービスそのものは存在するのです。

その第一としてYahooズバリ予想

そしてスポーツベッティングジャパン

さらにゴリアテ

これらのサービスがそれです。

こちらではまずユーザーはポイントを購入し、 そのポイントでスポーツベッティングを行うものです。

要は賭博法が禁止された日本でできる限度のスポーツベッティングがここに行われています。

もうウィリアムヒルが上陸しているのに、リアルマネーを賭けられないサイトなんて面白くも何ともありません。

でもこういうサービスを行なっているところは、 来るべき合法化に備えて密かに準備をしているのです。

Yahooズバリ予想のソフトバンクなんかその代表的な会社です。

この会社は、 海外のオンラインカジノの会社にも出資してりしています。

孫正義氏。 彼の先見の明は誰もが認めるところです。

日本のギャンブルとウィリアムヒル

おなじみの還元率論です。

ギャンブルの勝ちやすさを表す指標として、 大きな意味を持つのが還元率=ペイアウト率でした。

還元率とは、100の資金を投じた時に、 いくら返ってくるかを表す数値です。

100投じて50返ってくるギャンブルの期待値は50%です。

ペイアウト率とも言って、 これこそがギャンブル信頼性指数と言い換えても おかしくないような数値です。

もちろん100に近ければ近いほど単純に勝ちやすいギャンブルだ、 ということが言えます。

日本人に馴染みはありませんが、

要は最も端的にそのギャンブルの信頼性を示す指標です。

日本のギャンブルの還元率は 「日本のギャンブルとの比較」のページでも 詳しく書いたとおりです。

こういった還元率と比較した、ウィリアムヒルの還元率は約94%です。

優良オンラインカジノが大体約96~97%の還元率ですから、 店舗も持つスポーツベッティングでこの数値は 飛び抜けています。

それでこれもいつもと同様ですが、 この還元率は常に第三者の監査を受けて確定した、 正真正銘の還元率なので、 賭けたお金はほとんどユーザー同士でやり取りしている、 という事になる訳です。

薄利多売。

これしかウィリアムヒルには残っていません。

ウィリアムヒルの無料登録はこちらです

【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/