初心者向け!オンラインカジノの安全性について

初心者向け!オンラインカジノの安全性について

オンラインカジノを運営するには、ライセンスが必要

オンラインカジノは、誰でもかんたんに運営できるわけではありません。

運営を開始するときには、きびしい審査を通過しなければなりません。
これには、長い期間と高い審査料を必要とします。第三者機関による、この審査に通過すれば、そのオンラインカジノは安全であるというお墨付きをもらったことになります。

ですから、もしあなたが安心できるオンラインカジノをお探しなら、そのカジノは運営許可証(ライセンス)を取得しているか?に注目しましょう。(もちろん当サイトでご紹介しているオンラインカジノは、すべてライセンスを取得して運営しています)

ワイルドジャングルカジノ・・・オランダ領キュラソー政府
32REDカジノ・・・ジブラルタル政府(イギリスの海外自治領)
DORA麻雀・・・イギリス マン島

オンラインカジノ運営のしくみ
オンラインカジノの運営許可証は、カジノ合法国でのみ発行しています。
たとえば、以下のような国や地域です。(じっさいには20カ国以上に存在しています)

・イギリス マン島
・オランダ キュラソー政府
・フィリピン
・イギリス海外領土 ジブラルタル政府
・マルタ共和国
・カナダ カナワキ領土

こういった国や地域はカジノが合法ですので、オンラインカジノを運営する場合は、ここで審査してもらい、運営許可証(ライセンス)を発行してもらうことになります。そして許可が得られれば、発行国にあるサーバーに、運営サイトを設置するという流れになります。

オンラインカジノは、このようにサーバーをカジノ合法国に置きます。
そのため、たとえば賭博が違法の日本から、カジノ合法国にインターネットで
つないでオンラインカジノで遊んでも、日本の法律には違反しないので安心してくださいね。


◆さて、オンラインカジノの運営にたいしては、どのようなことが審査されるのでしょうか?それは、つぎのようなことです。

・十分な資金があるか?
・暴力団関係者やマフィアがかかわっていないか?
・経営には透明性があるか?
・ゲームのソフトウェアは公平なものとなっているか?
このようなことが、半年くらいかけて慎重に審査されます。
最初の審査だけではなく、運営開始後も、飛び込みで調べられたりします。

このように、カジノ合法国から運営許可証(ライセンス)を取得しているかどうかは、安全で信頼できるオンラインカジノの最低条件となります。

危険性のないネットカジノで稼ぎたいかたは、そのカジノの公式サイトに行ってみて、ライセンスが掲載されているかを確かめるとよいでしょう。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと日本の法律
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノは英語なの?
  ・オンラインカジノのペイアウト率とは?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた

オンラインカジノは、日本の法律ではどのような位置づけ?

オンラインカジノを日本でプレイすることは、違法なのでしょうか?

これは初めてインターネットカジノでプレイする人が、かならずといってよいほどいだく疑問です。なぜなら日本の法律では、おおやけのものを除いて、賭博は禁じられているからですね。

競馬、競輪、競艇、オートレースといった三競オート。
あるいはロト6やミニロト、ナンバ-ズ3、4といった宝くじ。そしてパチンコやパチスロ。こういった公営のものは、日本の法律で守られているので、遊んだからといって罰せられないのは当然のことです。

しかし、これ以外の賭博となると、違法になる場合があります。
オンラインカジノも、これら公営ギャンブル以外の博打なので、いっけん違法のようにも見えます。

でも結論からいうと、オンラインカジノは日本の法律では違法ではありません。
かといって合法でもありません。グレーゾーンという言葉が適している状態といえます。

日本の法律で賭博が禁じられているのは、提供する側と遊ぶ側の「両方」が違法である場合のみです。なので、「カジノ合法国」にサーバーを置いている海外のオンラインカジノで遊んだからといって、日本の法律に罰する権利はないのです。

海外に拠点があるオンラインカジノ
もし日本の企業が、日本にあるサーバーに本拠を置いて、オンラインカジノを運営しているとしたら、これは違法となります。なぜなら日本国内で、公営以外の賭博を行なっているからですね。

よくニュースなどで、ネットカフェがオンラインカジノの仲介をして、その手数料を得て摘発されたと報道されますが、これは日本国内でお金の動きがあるからです。

でも海外のサーバーにインターネットでつなぎ、オンラインカジノを楽しむ場合、賭博をしている場所が海外という解釈になるので、まったく違法ではありません。あたかも、ラスベガスやシンガポール、マカオ、韓国などに旅行で遊びに行ってカジノをプレイしたからといって、日本の法律が介入できないのといっしょです。

イメージとしては、あなたのパソコンをつかってオンラインカジノで稼ぐということは、ラスベガスにいって遊んでいることと一緒と思っていただいてよいでしょう。

ですから、安心してプレイしていただいて大丈夫です。



いままで自宅のPCでオンラインカジノをプレイしたからといって、逮捕されたという人はひとりもいません。日本人が、ラスベガスに行ってカジノで遊んだからといって、日本の警察が逮捕できないのといっしょですね。

以上のように、オンラインカジノを日本国内でプレイすることは、合法ではないけれど、違法でもなく、それを取り締まる法律もない・・・これが現状といえます。

いまはカジノ合法化への流れが加速してきています。
日本でカジノが合法化されれば、まちがいなくオンラインカジノも認可され、合法となります。そのときこそ、オンラインカジノは大手を振って、社会的に認められる産業になるといえるでしょう。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノは英語なの?
  ・オンラインカジノのペイアウト率とは?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた

オンラインカジノは不正とかしてないの?

オンラインカジノはイカサマや不正をしているんじゃないの?


このように思うのは当然のことです。
ラスベガスやマカオなどのランドカジノなら、ブラックジャックやバカラをプレイするときにカードをシャッフルするので、次にどのカードが出るかを運営側はコントロールできません。

それにたいしてオンラインカジノでは、あなたのパソコン上にソフトウェアをダウンロード・インストールしてから、無料や有料のゲームをプレイをすることになります。つまりパソコンソフトで遊ぶわけですね。(もちろんオンラインカジノ会社のサーバーと、つねにインターネットで通信しながらのプレイですが・・・)

オンラインカジノのゲームでは相手の顔が見えないだけに、「運営側が自分たちの有利になるように、カードやダイスの出目を選んでいるのではないか?」と思うのは当然の心情です。

でも結論からいうと、一部のオンラインカジノ運営会社をのぞいては、その心配は無用です。インターネットカジノは全世界に数千社ありますから、なかには不正を行なっているところもあるでしょう。

しかし運営の開始時に、カジノ合法国からライセンスを取得し、その後も定期的に第三者機関に入ってもらって監査を受けている企業は、イカサマやサクラ、不正の心配は皆無といえるでしょう。


ソフトウェア開発会社と運営会社


オンラインカジノはソフトウェアを制作・提供する会社と、オンラインカジノ自体を運営する会社の2種類があります。この2社がタッグを組むことによって、ユーザーに楽しいゲームを提供できているのです。

まずソフトウェア制作会社が、カジノのソフトをつくるさいに、第三者機関から監査をうけます。RNGといって、カードやダイスの目、スロットマシンのリールなどが、偶然の確率で発生するかどうかが調べられます。RNGはランダム・ナンバー・ジェネレーターの略で、乱数生成機能という意味です。

要はラスベガスなどの、実際のランドカジノで行なわれているようなカードの出現率、ダイスの出目の出現頻度になっているかどうか、ということですね。ソフトウェアが完成したときには、このRNGが妥当なものかどうかが念入りに調査されるのです。

このように、まずソフトウェアができたときに、第三者機関から、公平なRNGを採用しているか?が検査されます。この時点で認可が得られれば、まずそのソフトは、イカサマのない信頼できるものであると判断できます。

信頼できる有名なゲーミングソフト企業としては、マイクロゲーミング、プレイテック、クリプトロジックなどがあります。どの企業も、ロンドン株式市場やナスダックに上場しているほどの会社です。この点からしても、イカサマや不正などは、ありえないといえるでしょう。

ワイルドジャングルカジノ・・・プレイテック社
32REDカジノ・・・マイクロゲーミング社
DORA麻雀・・・自社開発のソフト
*ドラ麻雀は、そもそもユーザーどうしの対戦ゲームなので、コンピューターによる操作はありえないといえます。


カジノ運営会社に納品後も検査される


つぎに、そのソフトをオンラインカジノ運営会社に納品します。
たとえ納品時のソフトウェアが公平なものであっても、その後、オンラインカジノ運営会社に改ざんされないとも限りません。

そこで毎月のように、払い出しパーセント(ペイアウト率)やRNGが監査されます。さらに、飛び込みでも運営体制が検査されています。

第三者機関としては、イーコグラ(eCOGRA)、テクニカルシステムズ テスティング(TST)が有名です。オンラインカジノの公式サイトでは、こういった監査機関から公平性を証明されたあかしとして、認可証を掲載していたりします。

ワイルドジャングルカジノ・・・TST(ティーエスティー)
32REDカジノ・・・eCOGRA(イーコグラ)
DORA麻雀・・・eCOGRA(イーコグラ)
以上のような仕組みを知れば、「オンラインカジノはイカサマをしているんじゃないの?」という不安は解消されたのではないでしょうか?もちろん冒頭でのべたように、ライセンスを取得せずに運営していたり、第三者機関から監査を受けていない企業も中には存在するので、そういった企業は要注意でしょう。

しかし当サイトでご紹介しているオンランカジノ会社は、すべてライセンスを取得して運営していますし、毎月、第三者機関から監査を受けています。

以上のように、証明をうけている企業にかんしては、運営側に有利になるように
イカサマや不正をするなどといったことは、ぜったいにありえないので、安心して「オンラインカジノで稼ぐ」ことだけに集中してくださいね。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノと日本の法律
  ・オンラインカジノは英語なの?
  ・オンラインカジノのペイアウト率とは?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた

日本語に対応したオンラインカジノだけをご紹介

オンラインカジノって英語だらけで、日本人にはさっぱりわからないんじゃないの?と思っているかたがいるかもしれません。

たしかに全世界にオンラインカジノは2000社以上あり、そのほとんどは日本語に対応していません。でも、日本語に対応しているネットカジノも、けっこうあるのです。

当サイトでご紹介しているオンラインカジノは、すべて日本語に対応しているので、英語が読めなくても、まったく問題はありません。

とくに日本語化への対応が進んでいるオンラインカジノは、ワイルドジャングルカジノです。このカジノはプレイテック系のソフトウェアを使用しているので、日本語への対応がしっかりとしています。

たとえば、こんな感じのゲーム画面です。
これはワイルドジャングルにある、ビデオスロットゲームの「アイアンマン2」ですね。

ワイルドジャングルカジノのアイアンマン2

それにたいして、マイクロゲーミング系のソフトウェアをつかっているオンラインカジノは、やや日本語化が遅れている感があります。それでも、カタカナ表記などがあったりして、だいたい分かるものです。下の画像は、マイクロゲーミング系ソフトウェアの32レッドカジノのトップ画面です。

32REDカジノのトップ画面
日本人は、英語というだけで拒否反応を起こす人が少なくありません。
オンラインカジノは、もともと海外ベースで発展してきたものですから、当然といえます。でも上のような画面なら、なんとかゲームをプレイできますよね?


登録画面はアルファベットで記入


ワイルドジャングルカジノなどは日本語への対応が進んでいますが、ソフトウェアをインストールしたあとに登録するさい、英語ベースでの表記が求められることがあります。

たとえば有料登録するときに、住所などの記載をするのですが、そのさい日本人にはなじみのない「アルファベットで逆方向から記載」する必要があります。名前もアルファベット表記です。その点は、ほとんどのオンラインカジノで同じなので、心得ておきましょう。(知っておけば、あわてないものです)

>> 実際の有料登録のようすを動画で解説しています
(古い動画なので、今は、すこし画面の仕様が変わっています。)


日本人スタッフによるサポートの完備


ワイルドジャングルカジノでは、まったく英語は不要です。
しゃべれる必要も、読める必要もありません。ワイルドジャングルカジノにかんしては、日本人スタッフが365日24時間、ずっとサポートをしてくれています。

なにかゲームや入出金でわからないことがあれば、ゲーム画面内にある「オンラインサポート」をクリックすると、小窓が開きます。そこからチャットで、その場で質問できますよ。

ベテランの日本人スタッフが対応しますので、疑問もすぐに解消します。
これなら、何があっても安心ですね。(むこうから話しかけてきてくれます^^)

ワイルドジャングルカジノのライブチャット
そのほか日本語化が、やや遅れているオンラインカジノ(32RED)では、午後5時から夜中の1時までは、日本人スタッフが、メールのサポートをうけつけています。

32REDではチャットをすると、外人が英語で返してくるので、「受け付け時間内にメールで質問する」ことがポイントです。(それでも、文法的におかしな日本語のメールが返ってきますが・・・)

なので、もしも日本人サポーターに、いろいろチャットで質問したいというかたは、32REDカジノよりもワイルドジャングルカジノのほうがいいかもしれませんね。ただ、英語が堪能なかたは、32REDカジノのほうがオススメです。

このようにオンラインカジノによって、日本語化への対応レベルはまちまちですが、当サイトでご紹介しているオンラインカジノには、日本人スタッフが在籍しているので、かならず日本人と連絡を取ることができます。

当サイトでご紹介しているオンラインカジノはすべて、ゲーム画面内に日本語が導入されているので、安心して、オンラインカジノで稼ぐことだけに集中してくださいね。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノと日本の法律
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノのペイアウト率とは?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた

オンラインカジノのペイアウト率は97%

ペイアウト率というものをご存じですか?

これはプレイヤーから集めた掛け金のうち、どのくらいを賞金として還元しているのかという割合です。払い出しパーセントともいいます。


競馬や競輪、競艇はペイアウト率が70~75%といわれているので、75%を還元し、あとの25%が胴元の手元に残ることになります。パチンコでは80%、宝くじにいたってはペイアウト率は40%と、かなり低くなっています。

ロト6やミニロト、ナンバーズは、当たれば一攫千金を獲得できますが、こういったギャンブルはほとんど当たらないようになっています。集めた掛け金のうち約60%が、販売者のものとなる仕組みになっているのです。

これらにたいして、オンラインカジノのペイアウト率は96~97%といわれています。ブラックジャックでは、連続で勝つこともあるので、ペイアウト率は101%になったりします。ブラックジャックはオンラインカジノのなかでは、「もっとも堅実に」かせぎやすいゲームということですね。

10,000円でオンラインカジノのゲームをプレイしたとすると、たとえ負けたとしても、ペイアウト率が97%なので9,700円は返ってくることになります。
(通常はドル表示ですが、わかりやすくするために円表示で解説しています)

ただし、これはあくまで理論値です。
勝てば150%にも200%にもなりますし、負けるときは70%という数字になることもあります。それがギャンブルというものです。ただ、ここでは、ほかのギャンブルと比較して、オンラインカジノがいかに稼ぎやすいかを、知ってほしいのです。

なぜ、これほどの高いペイアウト率を実現できるのかというと、インターネット上で完結したサービスなので、店舗を構える必要がないからです。店舗の維持費などの費用が必要ないので、その分、多くの賞金をユーザーに還元できるわけです。(必要なのはサーバー代くらいです)


オンラインカジノは、のめり込みすぎないことが大切


オンラインカジノはうまくできているもので、長く続けていると、わずか3%分が胴元(ハウス)に入ってくるようになります。そのためオンラインカジノを運営できているともいえますが、プレイヤー目線でいうと、のめりこみすぎなければ、
つねに勝ち続ける(ペイアウト率を100%以上にする)ことは可能です。

つまり、ある一定ラインまで負けたら、そこでとりあえずゲームを終了するということです。ルールを決めておくのです。投資におけるロスカットのようなものですね。とともに、もし勝ち続けたとしても欲を出さずに、一定ラインでゲームを中断することも大切になってきます。ヒットアンドアウェイですね。

また、負けが続いたときには、資金を枯渇させないための「バンクロール管理」(資金管理)も必要になります。ワイルドジャングルカジノは、0.01ドルからベットできるゲームが多いので、資金管理がしやすいです。通常は1ドル以上を賭けてプレイし、負けがつづいたときはベット額を0.01ドルとかに減らすわけです。

それにたいして32REDカジノは、1ドルや2ドル以上でないとベットできなかったりするので、資金があまりない人は管理がしづらいかもしれません。(32REDはお金持ちの資産家が遊ぶカジノといった感じです。VIP待遇も用意されていますしね)

オンラインカジノのペイアウト率は97%なので、日本の公営ギャンブルやパチンコなどにくらべれば、とてつもなく高い払い出しパーセントになっています。それでも、100%を切るので、結局は負ける可能性が高いといえます。やはりギャンブルなので、この点は、知っておく必要があります。この点に納得がいかないかたは、けっしてオンラインカジノで有料プレイしないでくださいね。

ただし前述したように、ブラックジャックでベーシックストラテジーという戦略を駆使すれば、オンラインカジノで稼ぐことも十分可能になります。一攫千金はのぞめないけれど、こつこつとお金をためていくことはできるわけですね。


1日で1億円も狙えるのがオンラインカジノ


もし、あなたが一攫千金を得たいと思っているなら、初回入金ボーナスなどを活用して、スロットマシンのプログレッシブジャックポットを狙うとよいでしょう。

運がよければ、一夜にして1億円を獲得できるチャンスもあります。
そのときにはペイアウト率97%どころではありませんよね。

ワイルドジャングルカジノでは、日本人によるジャックポット当選者が現実に出ています。その額、1億2700万円!!

当選者は20代後半の男性だったそうです。あなたもスロットゲームに挑戦すれば、そのチャンスは十分にあります。

オンラインカジノのペイアウト率は97%なので、ややプレイヤーが負ける確率のほうが高いですが、スロットゲームのジャックポットを見てもわかるように、運がよければ一攫千金を得られる「爆発力」を秘めています。ペイアウト率の高さもそうですが、こういった「爆発力」においても、日本のギャンブルとくらべて、オンラインカジノがいかに稼ぎやすいか、お分かりいただけたと思います。

オンラインカジノで稼ぐことができるプログレッシブの賞金はロト6なみですが、当たる確率は宝くじよりも高くなります。短期間で大きく稼ぎたい!たった1日で宝くじ並みの賞金を獲得したい!というかたは、ネットカジノのスロットゲームこそぴったりといえるでしょう。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノと日本の法律
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノは英語なの?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた

オンラインカジノを有料プレイするまでのフロー

オンラインカジノは実際にお金を賭けるギャンブルですから、ある一定の手順を踏んでから、リアルマネーでプレイする必要があります。とはいっても、かんたんなので安心してくださいね。

オンラインカジノで有料プレイするまでの、おおまかな流れは、以下のようになっています。

有料プレイまでのフロー
おおまかな流れが理解できたら、さらに細分化して、くわしく見ていきましょう。


1.各オンラインカジノの紹介ページにあるメールフォームに、メールアドレスを記入し、送信する。


2.メールアドレス先に、ソフトウェアのダウンロードURLが書かれたメールが、すぐに送られてくる。そのほかメールには、「ダウンロードやインストールの方法を解説したPDFファイル」、「入出金の方法を解説したPDFファイル」、「オンラインウォレットの口座開設の方法を解説したPDFファイル」のダウンロードURLも、下のほうに記載されている。

オンラインカジノのソフトウェアと各種マニュアル類をダウンロードする。

ワイルドジャングルの登録完了メール


3.マニュアルや動画を参考にしながら、ソフトウェアをダウンロードし、つづけてインストールを行う。

  →ワイルドジャングルのダウンロードとインストール、無料登録方法(動画)

  →32REDカジノのダウンロードとインストール、無料登録方法(動画)


4.無料登録と有料登録のどちらかを選択する。
まずは無料でオンラインカジノを遊んでみたいかたは、無料登録をする。

  →ワイルドジャングルの有料プレイ登録方法(動画)

  →32REDカジノの有料プレイ登録方法(動画)

5.有料登録をしたかたは、PDFファイルや動画を参考にして、オンラインウォレット(webanqやNETELLERなど)を開設する。

  →webanq(ウェバンク)の口座開設について

  →NETELLER(ネッテラー)の口座開設について

6.入出金方法のPDFファイルや動画を参考にしながら、開設したオンラインウォレットに、あなたのお手持ちの銀行口座から入金を行う。

  →webanq(ウェバンク)への入金方法について

  →NETELLER(ネッテラー)への入金方法について


7.オンラインウォレットに入れたお金を、今度は、オンラインカジノへと移す。(別の表現をすると、オンラインカジノでチップを購入する)

ワイルドジャングルカジノの場合は、まず「キャッシャー」をクリックする(32REDカジノは「バンク」)。出てきた画面で、オンラインウォレットのIDなど、必要な情報を入力。購入したい分だけのチップを「ドル」で記入すれば、オンラインウォレットからオンラインカジノへ、ただちに送金される。
(最低入金額は、ワイルドジャングルは20ドル、32REDカジノは10ドル)

ワイルドジャングルカジノ入金画面 32REDカジノ入金画面

* それぞれの画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像として表示できます


 



ここまでクリアして初めて、あなたはオンラインカジノで稼ぐためにゲームをプレイすることができます。いっけん煩雑にみえるかもしれませんが、やってみると意外にかんたんですよ。

当サイトのリンクから申し込んでくれたかたに関しては、くわしいPDFファイルを配布していますので、それを見ながら行えば楽勝です。また動画ファイルも提供していますので、ぜったいに迷うことはないと思います。

この7ステップを最後まで完了すれば、あとは自在にいつでも好きなときに、オンラインカジノへ入金できるようになります。当然、勝ち金は、オンラインウォレットを経由して、あなたの銀行口座へと引き出すことができます。

ワイルドジャングルカジノ入金画面
前述しましたが、オンラインカジノ初心者のかたは、いきなり有料プレイをするのではなく、まずは無料登録をしてみましょう。そのさいは、お金の流れが生じないので、いそいでオンラインウォレットの口座を開設する必要はありません。

まずは、ゆっくりとカジノゲームに慣れていきましょう。
だんだん感覚をつかめてきたら、そのときに初めて有料プレイに登録し、オンラインカジノで稼ぐという流れにしていくとよいと思います。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノと日本の法律
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノは英語なの?
  ・オンラインカジノのペイアウト率とは?

【2020年9月版】オンラインカジノ中級者以上の方はこちらもチェック!

オンラインカジノは2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるオンラインカジノ。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後オンラインカジノを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

オンラインカジノで2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興オンラインカジノ業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/